備忘録帳

幼児教育から小学生の家庭学習などの備忘録です

初めまして

初めまして

このブログは子供の子育て記録(備忘録)を書いていこうかなと思ってはじめたものです

 

子供のそら(宇宙)ちゃんの事を書いていこうと思います

そらちゃんはHNです

私の母が飼っていたネコの名前から由来します

 

小学生になって数年になり、就学前の幼児早期教育の事

小学生になってからの家庭学習の事等を書いていこうと考えています

 

早期幼児教育は実は積極的に私の方が取り入れていたのではなく

子供をよく観察をしていて興味を強く持っている、持ったもの

関心を示したものを見極めていったら世間で言うところの早期幼児教育でした

早期幼児教育をやってきた内容をブログに書く葛藤もあって、今まであんまり大ぴらに書いてはきませんでしたがうちの子みたいなタイプのお子さんの子育てをしていて

誰かに相談してみたい、話してみたい、情報交換したいと思っていても

なかなか出来る人もなく孤独を抱えての子育てになっているのかなと思います

そういう方の参考になればイイなと思うのと

実際にどういう教え方ややり方をしてきたのかを書いていこうと考えているので

お子さんのタイミングで始める際の教え方ややり方等が参考になれば良いなと思って書いていっています

 

子供の成長は早い、遅いと個人差が色々とあって

その事で成長段階毎に色々と悩みながら、試行錯誤しながら、お子さんに向き合っていって子育てをしていっていると思うのです

十人いたら十通りの成長の仕方なのだと思うので十通りのタイミングがあるのかと思うのです

ココで書いてあるタイミングで文字や数字等に興味を持つとは限らないし

興味の行き先も子供それぞれだと思うのです

 

我が家の場合はたまたま学校で習う教科の方面に興味や関心を示してきたのでスムーズに家庭学習や学校の勉強に取り組む事が出来ているだけです

もしも、学校で習う教科でない事に興味や関心があるのならそちらの方に没頭させていって少しずつ学校で習う教科へと移行していくように子育てをしていっています

 

うちの子は正直言って天才でも何でもないです

凡人です

ただし、知的好奇心の塊というか鬼です

そして早熟です

コツコツ努力も出来るタイプです

それなので、地頭は凄くあるという事もないです

そんな平凡な子供と初めての子育てにジタバタとしているサンプル1のブログです

どうぞ宜しくお願いします

 

どうぞ宜しくお願いします


人気ブログランキング

【理科】ニュートンライトを知っていますか?

中学、高校生向けの理科、数学の雑誌ですが、小学生にもオススメなので紹介させて頂きます

 

 

Newtonライト2.0『周期表』 (ニュートンムック)

Newtonライト2.0『周期表』 (ニュートンムック)

  • 発売日: 2019/12/10
  • メディア: ムック
 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/Newtonライト『数学のせかい-数学者編』-科学雑誌Newton-ebook/dp/B07Z7C2S3W/ref=sr_1_14?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=ニュートンライト&qid=1617438254&sr=8-14

 

 

Newtonライト『天気予報』 (ニュートンムック)

Newtonライト『天気予報』 (ニュートンムック)

  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: ムック
 

 

 

Newtonライト『単位の事典』

Newtonライト『単位の事典』

 

 

一部ですが、面白そう、これはと思うもの等を書店で見て買ってきています

 

フルカラーでイラストが多めなので、小学生の子供も見て楽しめるようになっています

説明も必要最低限なので図鑑的な感覚で読めると思います

 

本の厚さ、大きさも大きくなく、厚くないので読みやすいというところも良いです

 

理科や算数(数学)に興味を持つキッカケ作りにオススメ出来る本だと思います

お子さんと一緒に見て、興味を持ったものを選ぶのもアリだと思います

 

小学生だから、小学生向けをというのではなく

興味を持つ時は小学生向けとか関係はないので

中学、高校生向けでも充分に小学生にも刺さるモノがあったりもするので

好奇心のタネを蒔くつもりで

探してみると良いと思います

 

親の興味や趣味で買って、親子で楽しむのも良いと思いますよ

我が家はほぼ私の趣味で買っていっています笑

【理科】スーパー理科辞典

小学生〜高校の入門編までカバーしてあるオススメの理科の辞典なら

 スーパー理科辞典がオススメです

スーパー理科事典 四訂版: 知りたいことがすぐ分かる!
 

 

個別指導塾の無料の理科実験教室に参加した時に

講師の先生と色々と理科の話しで盛り上がってしまい

教えて頂いた辞典です

 

お値段が可愛くないので

図書館等で実物を使ってみて必要だなぁと思ったら購入されても良し

理科のきちんとした参考書代わりになる1冊を求めているのであれば

これ1冊で高校の入門編まで使えてしまう辞典です

 

小学生が習う理科って、本当に薄い内容なので

暗記学習になりがちです

中学の理科で少し中身が入ってきて

高校で各分野別になって抽象度が一気に上がって

アップアップしていくのが理科分野なのかなと

 

小学生向けの理科の参考書、辞典の内容がスッカスカで物足りなさを感じていて

もうちょっと詳しく書かれたものを求めようとするとなかなかないのが

理科と社会のように思います

 

理科も社会も暗記教科ではなく

原理原則、仕組みや知識と知識をつないで理論していける力を養っていくには

良い本がないなと思っています

 

この辞典はそんな不満を解消してくれます

これ1冊あれば高校まで使う事が出来るので

小学生の間は保護者が解説していって

中学生以降は子供が自学自習していけるようにもっていければ

使える辞典だと思います

 

分野(生物、化学、地学、物理)別になっているので使い勝手は良いと思います

 

塾の先生がオススメするだけあって良い辞典だと思います

【塾向け教材】2、3年生向け ジュニア新演習問題集

通塾の低年齢化と言われるようになってきて、数年前に低学年を経験していた我が家でしたが塾が出している低学年向け問題集といったら四谷大塚のはなまるリトル1択位でした

それが数年間でしゅふともCLUBから低学年向けの問題集が出るようになりました

今年は2年生も出ました

 

はなまるリトルもジュニア新演習問題集も使うことなく終わってしまった我が家になります

低学年のうちから教科書以上で中学受験準備の問題集で塾向けをと考えた場合に選択肢が広がるのでイイと思います

サンプル映像で中見をチラ見出来るので確認してから購入可能です

 

使う子が居たら、はなまるリトルとジュニア新演習問題集であったらジュニア新演習問題集を選んでいたと思います

はなまるリトルは問題数が少なめなのですぐに終わってしまいそうなので使わなかったもので(汗

ジュニア新演習問題集のサンプル映像を観る限りですが、単元毎の解き方の解説

問題の難易度や問題の切り口が色々変化があり、問題数もありそうに感じました

実際、手に取って使っていないので使ってみたら感想が変わる可能性もあります

 

 

低学年向け問題集でお探しの方向けなので参考になれば幸いです

www.syutoken-mosi.club

 

小4以降の中学受験新演習問題集は小5の予習シリーズの旧版を中学受験新演習問題集として再編集し直して出版されている経緯がある問題集です

中学受験新演習問題集の方も小4から予習シリーズと同様に順次改訂されていくようで小4上は改訂版として出版されています

主に首都圏だと栄光ゼミナールが使っている教材になっています(中堅〜上位校レベルまで対応)、個人塾等でも中堅クラス等でよく採用されている問題集になります

早稲田アカデミーのWベーシックという問題集に中学受験新演習問題集が酷似しているという話しも聞いた事があります

Wベーシックも良い問題集のようなのですがそこの塾に通塾していないと入手できないので、同じような問題集を探している場合にもオススメになります

今回は低学年向け問題集として紹介していますが、小4以降、公立中高一貫校向け、首都圏模試の過去問題集も購入する事が出来ます

 

www.syutoken-mosi.club

www.yotsuyaotsuka.com

 

 

【算数】かけ算の筆算と割り算の筆算

かけ算の筆算を解けるようになったら

2桁×1桁

3桁×1桁

の筆算を繰り返しやって、数量感覚をつけておくと

割り算の筆算の計算でトロトロしないで済むようになると思いますよ

 

割り算の筆算はそれに、論理的に解く視点も必要になってくるように思います

仮の商を立てる筆算の計算には推論力も必要になってくるように思います

九九算のように近視的な見方ではなく

かけ算として広い視野で見ていく視点

それを意識していって戦略的に解いていく

 

 

絶対的な計算スピードが遅い

のろまなカメのようなタイプの場合の視点の話しです

 

暗算が得意

計算スピードが速いタイプは

そこまで対策とかする必要はないと思うのです

 

算数や計算が苦手で割り算の筆算で桁数が上がっていくと急にスピードが超低速

徐行以下のスピードになっていくタイプに

必要になってくる視点なのかなと思い書きました

 

そらちゃんがまさにそのタイプ

その対策に取り組んでみた事を書きました

参考になれば幸いです

【通信講座】ブンブンどりむ

何度か作文の通信講座の事を書いてきているが、我が家はブンブンどりむという作文専門の通信講座を利用している

 

作文専門の通信講座を始めるまで数年間悩んで、悩んで、そらちゃんの文章力の成長具合をみてきて、先々の事を考えて、結果

ブンブンどりむを始める事にしました

www.bunbun-dorimu.net

 

正直言って、作文だけで月々の費用が高いように感じたのと

作文だけ通信講座を受講するのってどうよ

というこの2点が悩んでいたところでした

 

実際、やってみてテキスト、ポッチードリル、問題解決ドリルの内容のレベルは小学校の教科書レベルなので国語が得意な子には物足りない内容だと思います

記述が多いので、記述の練習をさせていくのに使うのにはイイ教材であると思います

漢字を使って文章を書くとか、文章の書き方の練習をしていくとか

読解や国語のドリルとかは違うので良い練習機会と捉えています

 

国語や文章を書くのが苦手な子の場合は、漫画やイラストがあって、ゲームの要素もあって、楽しみながら文法や文章の書き方も筆写といった事を学んでいけるので良いです

 

問題解決ドリルは理科、社会の問題の記述の練習が出来るので良いと思います

ポッチードリルは該当学年の漢字、漢字クイズ、等がメインになっています

 

実際にやってみて、会費のお値引き(初年度だけでなく、継続の場合も)ポイントの貯まりやすさ

4年生以降ニュースがわかると雑誌が付いてくる

6年生以外は月2回の作文の添削等を思うと高くはない教材だなと思いました

 

肝心の添削も、褒めて伸ばすので作文を書くのが苦手で、親目線から作文の内容に褒める要素がない場合であっても褒めるコメントで返してくれるので自信をつけやすい教材のようです

 

月2回、作文を書く事でキチンと指導してもらえるって難しいと思うのです

作文って、指導力が本当に必要だと思うのです

なかなか簡単には良い書き方を教えられないと思うのです

だから、早いうちに作文の書き方を理解していれば小論文やレポート、卒業論文、就職試験といった時に慌てないで済むのかなと

国語以上に作文、小論文は論理的に書けるようになるには時間がかかるので、国語が得意なそらちゃんですが予定より早く通信講座のお世話になりましたが、やってきて良かったと考えています

このまま小学生の間は続けていこうと考えています

 

毎月、月2回、添削課題の作文のサポートをしてきて私の方が実はロケット噴射をして

作文の書き方や、言い回しとか、こういう表現をすると良いとか

解ってきてアドバイスも出来るようになってきました

それもあって、効果が出るのか、出ないのか、わかりにくい作文だけれど

私が一番効果を実感してしまっています

それなのでオススメしたいと思うのです

 

 

月2回の作文の提出のコツを簡単に書いておくと

多少遅れても提出をする

提出課題は教材が届いた時にテーマを確認して、提出期限に出来るだけ間に合うように

作文の書く内容を子供と相談したり、話しをしたりして、書けるように仕向けていく

子供が書きにくいテーマの時は、質問欄に事情を書いてテーマと少し違う内容を書く事を添削する先生にお知らせしておいて、子供が書きやすい内容で書いていく事を大事にしていく

数回程、やりました

 

文章を書くのが苦手な子の場合は、対話をして書く内容を話させて

それを紙に下書きをして、文体を整えていくと

話しと紙に書くのは話す方が沢山の言葉が出てくるので、いきなり紙に書くと書けないものなので口に出させて書くをオススメします

 

下書きは2、3回繰り返す事もあるので原稿用紙を買っておく事をオススメします

我が家だけなのかなぁ〜

そらちゃんには泣かれますけどね

表現や繰り返し書いていて口説いとか、文法的におかしかったり

誤字脱字や文章の入れ替え等を鬼チェッカーが

基本的に子供の書いた文章を大幅に修正はせず

添削の意味がなくなるような手直しはしないです

ほんのチョコっと直したら良くなるよ〜という感じでの鬼チェッカーなんだけど汗

下書きは数回書き直しが発生しています汗

数年続けていったら下書き回数も減っていくと信じてみています

結構大変です汗

 

【漢字】短期的 先取り 漢字練習法

我が家は採用しなかったですが、漢字を短期的に先取り学習していく方法の1つとして

イイじゃないかなぁと思う方法です

だからといって、漢字が書けるようになるにはじっくりと時間をかかる必要があるのは代わりはないです

 

先に結論というか方法を書いてしまうと

小学校で習う漢字の読み方を音読をして読めるようにしてしまう

次に読み方を書けるようにしておく

コレを一気にやってしまうという事です

あとは漢字の書き順、熟語を含めた漢字の練習、熟語の意味を理解をしていくというものです

 

漢字が読めれば低学年でも上の学年の本や教材を読む事が出来るので、どんどん難しい本を読む事が出来るようになるメリットもあるのでオススメです

 

その方法で一気に漢字先取りをされていっているご家庭もあるようなので、お子さんの個性を見極めてやっていくのもアリだと思います

 

我が家の場合は子供が興味が強かったのと、私が普通に大人の言葉遣いで会話をしているのもあり、分からない漢字、言葉は辞書で引くクセを付けていったのもあります

いつの間にか読めていたという

今は漢字と熟語を先取りしつつ、現学年の漢字の熟語を完璧には難しいので9割以上定着させていく事を目標に、普段の文章等で書ける漢字は書くようにチェックをしていって

使わないと覚えて、書けるようになっても忘れるので

使える漢字を目標にしていっています

 

先取り漢字はだいたい8割出来ればokにしています

該当学年で復習という位置付けで宿題等をしっかりやっていて完璧は学年が上がるに連れて難しいので9割以上定着を目標にして取り組んでいくようにして

更に学年が上がってきたら1年から熟語の総復習をしていって

先取りのみせず、復習をしっかりしていて定着させていくように進めていっています

 

漢字練習でキィとなってしまうようでしたら

読み方だけでも現学年のモノ全てを一気にやっていってしまう

イイと思いますよ

【漫画】学習マンガ以外でも学習マンガに匹敵する?マンガ紹介

学習マンガだけが、勉強になる事はなく学習マンガに匹敵するマンガやアニメがある

そういうお話し

ただし、独断と偏見に基づいた私見なので

学習マンガに匹敵するか、しないかは個々の判断に委ねたいと思います

 

【国語】

 あさきゆめみし

源氏物語を題材にしたマンガですね

これを読んで源氏物語の世界観を知ったという方はいるかなと思います

私はコレで源氏物語にハマり、色々な方の現代語訳を読み

聖地巡礼の旅をし

十二単を着て写真を撮ってきました

 

ちはやふる

百人一首に興味を持つキッカケになりそうなマンガかと思います

競技カルタをテーマにしたマンガで、学習マンガというよりも少女マンガのお話が中心ですが、百人一首の事、カルタの事等を作中にちょいちょいと説明等出てくるので

百人一首を知るキッカケになるマンガかなと思います

アニメ、映画、にもなっているのでマンガ以外の入り方もあります 

 

【算数・数学】

数字であそび

 

某京大の数学部が舞台の話しです

主人公の設定にツッコミどころがありますが、数学の世界を垣間見れるかと思います

ちょいちょい算数の考え方(導き方)等、エピソードとして出てくるので、数学だけではない算数も知ることができると思います

動物のお医者さんのようなチョット個性の強い登場人物が多いのでそこも面白いところかなと思います

 

 

 

 

 

 

 

 【理科】

 もやしもん

 

某農大の細菌学教室の菌のお話し

コレもキャラが濃い登場人物が多い

マンガの文字数が多い

マンガというよりも読み物と言った方が合っているようにも思います

でも、滅茶苦茶説明が濃い‼︎ので勉強になります

アニメ化されているのでマンガよりもアニメの方がオススメかな

発酵をメインに細菌の話が中心なので

発酵に関連した周辺知識が詳しくなっていくと思います

もやしもん コミック 全13巻完結セット (イブニングKC)

もやしもん コミック 全13巻完結セット (イブニングKC)

  • 作者:石川 雅之
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: コミック
 

 はたらく細胞

 

人体の免疫細胞達が登場人物の話しです

病原菌や外的損傷の時等の免疫細胞の働きをストーリーとしたもので

医学部の癌を専門とする先生も医学部生に読むように勧めているという記事を読んだ事があります

免疫細胞の働きを学ぶのに良いマンガだと思います

アニメ化もされているのでアニメで見るのも良いと思います

 

はたらく細胞 コミック 1-5巻 セット
 

 Dr. STONE

 

アニメ化されていて、アニメの方をチラッと見ましたが

人類が絶滅して再生していくストーリーで再生していく過程で化学反応を利用していくという感じだと観ています

化学に興味を持つキッカケにもなるという事で人気が出ていると聞いて観てみましたが

そういう事なんだなぁと観ました

コチラもアニメ化されているのでアニメで観るのもいいと思います 

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
Dr.STONE 2 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 2 (ジャンプコミックス)

  • 作者:Boichi
  • 発売日: 2017/09/04
  • メディア: コミック
 

 

 

Dr.STONE 3 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 3 (ジャンプコミックス)

  • 作者:Boichi
  • 発売日: 2017/12/04
  • メディア: コミック
 

 

【社会】

紛争でしたら八田まで

 

 地政学が今私の注目しているところです

今後、子供と一緒に読んでみたいとチェック入れているマンガです

中身は読んでいないので書けませんがタイトルにひかれてしまいました

 

 

 

 

コレ以外にも学習マンガでは言えないけれど、中身はガッツリと知識につながるマンガやアニメって以外とあるんですよね

なので我が家はアニメもマンガも推奨していっています

それがキッカケで興味が広がって、専門書等を読むようになったりする原石的なものがどこに転がっているかって分からないですからね

 

今回紹介したものの感想、紹介した以外でオススメ等ありましたらコメント等よせて頂けると嬉しいです